下駄の履きやすさは「すげ」で決まります。

下駄本体をお選びいただき、鼻緒をお決めいただいて、「すげ」させていただきます。

下駄には、伝統的なスタイルと一般的(今様)スタイルがあります。どちらが良いかは、お好み次第というところですが、下駄を一つは持っていて欲しいと思います。
下駄を生活の中に持ち込んでいただくと、日本独特のロハス的な体験ができると思います。さらに、足の指のけなげさに気づいていただけるかもしれません。靴の中で文句もいわずに、あなたの大きな身体を、毎日しっかり支え続けています。外反母趾は足の最後の悲鳴であり、少しでも解放してあげることで、体調も良くなることが期待できます。
私どもでは、はじめから鼻緒がすがっている(付いている)下駄はございません。台と呼ばれる下駄の本体と鼻緒をお選びいただいて、足に合わせてすげさせていただきます。ご本人がおられれば、その場で調整して、最も履きやすい状態に仕上げさせていただきます。それが、昔からの「近所の下駄屋」のやり方です。
下駄の前緒は、ご自分でも調整していただけるように「留め革」を使用しています。

台をお選びいただき、メールでお知らせください。折り返し、鼻緒のご案内とお値段をお知らせいたします。